ラジオ通販にはまりそう。

ラジオ広告に対して、どうイメージしますか?普段ラジオよく聞いている人なら、広告(通販)が流れているのを聞いたことはないですか。

AMやFMを問わず、ラジオ番組の合間にはテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。

それとは別にラジオ広告には、番組で商品を紹介するものもあります。その番組のパーソナリティや出演者が、「今年の人気の商品は○○」「薄毛が気になる人には◎◎がおすすめ」など、商品紹介します。また、商品の企業の担当者へのインタビューも交えて、商品の魅力を引き出していきます。

今日ではネットの通販やテレビの通販で、多種多様な商品を購入している人が少なくありません。

しかし、これらの他にも「ラジオ通販」も人気なんです。

ラジオを聴く機会が少なくなったかもしれませんが、通販で商品を買うのが好きな人は一度、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。

ラジオの通販では、ラジオを聴くだけですから、非常に分かり易く商品の使い心地を説明してくれます。

思ってもいなかった商品に魅力を感じることもあります。

通勤や通学の合間などの隙間時間で買い物ができるので、効率的に買い物ができます。

ラジオ通販ではメディアの特性上、テレビの画像や印刷されたものとは違って、商品の実物が分かりにくいです。そのため、販売元や商品の製造元の実績や評価を見ることがラジオ通販では必要です。

日本の民間ラジオ局の大抵は、ネットワーク組織に属していてラジオネットワークを形成しています。

AM放送はジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガロポリス・エフエム・ネットワークです。

更に、NHK-FM放送と放送大学を除く全民放放送が参加している全国FM連合があります。
だけども、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合は他のネットワークより、放送網としての関係は密な関係ではありません。

一部番組を販売することや、情報の交換、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送で放送されるショッピング番組のことで、販売を目的としたものです。

日本国内では、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、独立した番組として流されるショッピング番組のことをいいます。
このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社により1973年に開始したのが始まりです。
ラジオショッピング開始当初は、民放ラジオ局やその関連企業が放送するラジオショッピングが主でした。

ラジオ業界の広告収入の減少により、今では、広告主による通販番組が増えています。ラジオショッピングは、ラジオ局またはグループ企業により行われるものと番組のスポンサー企業などが、自社製品販売のためのスポンサー通販に分けられます。
ラジオショッピングの特徴は、ラジオ局及びグループ企業が番組で行うラジオショッピングは、紹介する商品にはその局ならではの特徴があるが、どの局もジャンルは手広く扱っています。

例えば、パソコンやデジタルカメラ、加湿器、エアコンなど大小電化製品から高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、仏壇からトイレのリフォーム請負までもあったりします。今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。

スポンサー通販で見ても、それぞれの通販会社の取扱商品は様々です。

通信販売というのは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。実際の店舗ではなく、メディアを利用して物品を通信手段で注文を受けることです。

スマホなどのネット端末の普及により通信販売といえば、ネットのサイトによるものを指すことが多いです。

今の通販業者は、無店舗業者だけでなく多種多様です。

ラジオショッピングを行う通販会社のメリットは、テレビショッピングと比較すると、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度違うこともある」と承諾しているのか、商品が届いて見たときに、「こんな感じだとは思っていなかった」というようなクレームが少なく返品もテレビ通販よりかなり少ないと言われます。

ラジオショッピングを放送する通販企業も、ラジオ放送は比較的少ない予算で始めることができる値打ちがあることから、大企業から中小企業までスポンサー通販にさん有しています。ラジオショッピングは古くから行われている通信販売のやり方です。一般的に商品紹介は、ラジオパーソナリティです。比較的短い時間に商品が紹介されます。

ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方によりその商品のイメージがわいてきます。

そういうことから、ラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不向きです。
ただ、購入者の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文したという人もいます。